あきる野 内科・消化器科・訪問診療・リハビリの 草花クリニック

ホーム > 外来のご案内 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

このような症状はありませんか?

このような症状はありませんか?

くびの痛み、肩こり、腰痛、肘・膝などの関節痛、ぎっくり腰、頭痛、寝違え、手・足のしびれ、背中の痛み、腱鞘炎、坐骨神経痛、股関節痛 など。

リハビリテーション科診療のご案内

当クリニックでは、リハビリが必要なさまざまな症状の患者さまに、高周波、干渉低周波、ホットパックなどの物理療法やNUSTEP、CORDLESS BIKEによるマシントレーニングをはじめ、マッサージ治療、鍼治療などリハビリテーション外来をお受けいただけます。

リハビリ実施曜日・受付時間

  9:00~11:30 14:00~15:00 16:00~18:00
田中    
宮本 宮本 はり治療
     
宮本 宮本 はり治療
田中    
     

主な対象疾患

  • 変形性腰椎症
  • 膝関節症
  • 肩関節周囲炎
  • 脳梗塞後遺症
  • 坐骨神経痛
  • 肥満運動療法

鍼治療が有効な症状

  • 頭痛
  • 寝違え
  • むち打ち(頸椎捻挫)
  • 肩こり
  • 五十肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • 腱鞘炎
  • TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)
  • 背中の痛み
  • 腰痛
  • ぎっくり腰
  • 股関節痛
  • 下肢の痛みやしびれ
  • 膝の痛み
  • ジャンパー膝
  • オスグット
  • コンパートメント症候群
  • シンスプリント
  • 足底腱膜炎
  • 捻挫の早期回復

鍼治療について

鍼治療の診療時間

火・木曜日 16:00~18:00

ご予約・受付

ご予約、ご質問は受付、リハビリ室までご連絡ください。

当クリニックの鍼治療の特徴

深い場所の筋肉(インナーマッスルと言います)の治療を得意としています。
骨などに異常がない場合、慢性的な痛みはインナーマッスルが固くなり神経を圧迫することにより感じます。この硬直した筋肉を鍼で治療し、筋肉を緩めると、神経を圧迫しなくなるので痛みが無くなります。そのため、他院ではあまり使用されていない長鍼を用いて治療を行います。

当クリニックでは解剖学に基づいた治療法で、安全で確実にインナーマッスルを治療し、これまでに経験したような鍼灸治療とは全く異なる即効性と持続性のある効果的な鍼治療を行っております。

鍼が罹患している筋肉の硬化箇所に到達すると感じる鍼治療独特の感覚の「得気(とっき)」や「響き(ひびき)」を猛烈に感じさせる治療法を用いて、硬化した筋肉に確実に到達させ、多くの鍼による反射を起こさせます。さらに適切な置鍼時間を設けることにより、高い治療効果を発揮させています。

得気(とっき)や響き(ひびき)は、ずしーん、とした重く筋肉を掴まれたような痛みを主とした感覚です。出産経験のある方は軽い陣痛に似ていると表現する方もいらっしゃいます。

草花クリニックの鍼治療はなぜ効くの?

当クリニックの鍼治療では、異なる二つの鎮痛作用を効果的に使い鍼治療を行っております。

全身の鎮痛作用

脳内から内因性オピオイド(一般に脳内麻薬とかいわれるもの)が出て痛みを止めたり、緩和することで作用があります。この作用は即効性がありますが、効果の持続性が短いという特徴があります。

局所の鎮痛作用

鍼を筋肉に刺したまま30分程度経過すると、軸索反射により血管が拡張、痛みの物質を流します。これまでの痛みを感じさせていた悪循環サイクルが崩れ、筋肉を弛緩させることができます。この作用の効果は遅効性ですが、持続性があり、効果があるうちに続けて治療を行うことで、完治へと向かいます。得気や響きも症状が軽くなると感じなくなります。

患者さまの症状に応じて、これらの二つ作用を最大限に利用して、長く悩んでいた腰痛などの慢性的な痛みはもちろん、自律神経の乱れによる不眠、下痢などの内臓疾患、捻挫の早期回復など、さまざまな症状の方に対応しています。